ロレックスの最高峰モデルがデイデイトです。

デイデイトにはステンレススチールのモデルはなく、ケース素材に採用されるのはプラチナ・ホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールドの4つのみです。

リューズの形状もデイデイト独特の仕様となっており、プラチナはドットが1つ、ゴールドはドットが2つとなっています。

12時位置の曜日表記

12時位置には曜日表記が備わっているのがデイデイトの特徴です。デイトジャスト機構の技術を曜日表記に使っており、午前0時になると瞬時に曜日の表示が切替わります。

この曜日表示の言語は26カ国語から選択可能となっています。

プレジデントブレスレット

富裕層の支持を受けてロレックスのフラッグシップ・モデルとして1956年に誕生しました。

同社のステータスにふさわしい人物として当時のアメリカ合衆国大統領であったアイゼンハワーにデイデイトが贈られました。

これをきっかけにデイデイトに装着されるブレスレットは「大統領の腕に巻かれたモデル」ということから『プレジデントブレス』と呼ばれています。

デイデイトのブレスレットては、プレジデントブレスレットだけでなく、オイスターブレスレットの3連タイプも選択できます。

デイデイト専用のムーブメント

ムーブメントにはデイデイト専用のCal.3155を搭載しています。日付だけでなく曜日にもクイックチェンジ機能が搭載されました。精度の安定性、メンテナンス性が高く、ロレックス社製の中で最も完成されているムーブメントと言って良いでしょう。

デイデイトの歴代モデル

Ref.6511

1956~1957年に製造された初代デイデイト。DAY-DATE表記が6時側に入っています。

Ref.6611

1957~1958年に製造。初代と同じく2代目も短命でした。

Ref.1803/5 Ref.1803/8 Ref.1803/9

1960年代~1970年代後半
前期型はCal.1555を搭載した5.5振動 後期型はCal.1556を搭載した5.5振動モデル。

Ref.18038 Ref.18039

1970年代後半~1980年代後半
サファイアクリスタル風防を採用。「カマボコ型」と呼ばれる肉厚なケースが特徴です。

Ref.18238 Ref.18239

1980年代後半~2000年

肉厚だったケースが薄くなりました。

Ref.118235 Ref.118238 Ref.118239 Ref.118206

Ref.118235(ピンクゴールド)
Ref.118238(イエローゴールド)
Ref.118239(ホワイトゴールド)
Ref.118206 (プラチナ)

ケースが全体的に丸みを帯びたデザインとなりました。