GMTマスターはロレックス唯一のパイロットウォッチです。ロレックスがパン・アメリカン航空から依頼を受けて国際線パイロットのために開発されました。

GMTマスターには、GMTマスターIとIIの2つがあります。

「GMTマスターI」は異なる2つのタイムゾーンを、
「GMTマスターII」は異なる3つのタイムゾーンを把握可能です。

GMTマスターIについて

24時間針と24時間刻みの回転ベゼルを採用することで、ホームタイムと同時に異なる場所の時刻を把握可能にしました。回転ベゼルの赤と青は昼夜を表現しています。

GMTマスターI は1999年に生産中止となり、現在生産されているのはGMTマスターIIのみです。

GMTマスターIIについて

1983年にGMTマスターI の発展型として登場したGMTマスターII。
単独操作可能な短針と24時間針、回転ベゼルの組み合わせで3タイムゾーン表示が可能になりました。

GMTマスターIIは後継機種ではなく上位機種では?

GMTマスターIIはGMTマスターIの後継機種と思われがちですが、個人的にGMTマスターIIの発売当初は上位機種という位置づけだったのでは考えています。

同時期に販売されていたGMTマスターIのRef.16750がプラスチック風防であるのに対して、GMTマスターIIのRef.16760はサファイアクリスタル風防です。

GMTマスターIの歴代モデル

Ref.6542

製造期間:1955年~1959年頃
搭載ムーブメント:Cal.1030、1066
パン・アメリカン航空の依頼を受け開発した初代GMTマスター。

Ref.1675

製造期間:1960年代~1980年頃
搭載ムーブメント:Cal.1570
2代目。
リューズガードが装備され、24時間針の先端が大型化されました。

Ref.16750

製造期間:1980年~1988年頃
搭載ムーブメント:Cal.3075
3代目。カレンダーのクイックチェンジ機構が備わりました。

Ref.16700

製造期間:1990年頃~1999年頃
搭載ムーブメント:Cal.3175
GMTマスターIの最終モデル。
GMTマスターIのベゼルカラーは黒と赤青、同時期に販売されていたGMTマスターIIのベゼルカラーは赤黒のみとして差別化していました。

GMTマスターIIの歴代モデル

Ref.16760

製造期間:1982年~1988年
搭載ムーブメント:Cal.3085
GMTマスターI の発展型として誕生した初代GMTマスターII。ベゼルカラーは赤黒のみ。

Ref.16760のスペックと買取相場について

Ref.16710

製造期間:1990年~2007年
搭載ムーブメント:Cal.3185、Cal.3186
GMTマスターIが生産終了となったことでベゼルカラーは赤黒・黒・赤青となりました。

Ref.116710LN

製造期間:2007年~
搭載ムーブメント:Cal.3186
高級感を前面に押し出したことでGMTマスター人気が高まりました。

エクスプローラー、サブマリーナー、GMTマスターのコンセプトの違い

1950年台にはエクスプローラー、サブマリーナー、GMTマスターとロレックスを代表するスポーツモデルが誕生しています。

「陸」がエクスプローラー
「海」がサブマリーナー
「空」がGMTマスター

このように、それぞれが明確なコンセプトを持っています。